ワキガ体質の治し方とは。改善方法やレーザー・吸引治療を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
患者と話す医者

体から強い臭いを発してしまうワキガの症状。体質ゆえ完全に消すことができず悩まされている人も多いでしょう。臭いを発することで人間関係に支障をきたしたり、常に周りの反応が気になってストレスを感じやすくなっていたり、追い詰められると日常生活を過ごしづらくなってしまいます。今回は、ワキガ体質の治し方について、体質改善や医療機関で受けられる施術内容について詳しくご紹介します。

ワキガ体質は治るのか

遺伝のため自然治癒は難しい

基本的にワキガ体質は遺伝によって親から子へを引き継がれやすく、成長ホルモンが活発になる時期に発症してしまうものです。一般の人よりもアポクリン腺という汗腺の量が多く、水分だけでなくタンパク質や脂質を含んだ汗が特徴。また、毛量も多く太い傾向にあるので雑菌が繁殖しやすい環境にあり、臭いも独特になってしまいます。汗腺の量は3歳程度で決まるので、成長に応じて自然治癒することは難しいでしょう。

症状レベルによっては改善可能

ワキガは体質なので、自然に治癒することが難しい症状です。普通に生活しているだけでその症状を治したというケースはほとんど見られません。

ただワキガ体質には程度の差があり、軽度であれば改善できる可能性があります。臭いもそれほど強くなく、軽度のワキガと思われる場合は生活習慣や食事内容の見直しで、独特のワキガ臭を抑えられるかもしれません。ただ、生活に支障が出るレベルの重度のワキガは、生活習慣を正すだけでは難しいので、医療機関で治療をおすすめします。

ワキガ体質かを調べるチェックポイント

自分がワキガ体質なのかどうかは、以下のチェックポイントを参考に調べていきましょう。

遺伝チェック

前述したようにワキガというのは、基本的に遺伝によって発症します。両親がワキガ体質だった場合、子どもが同じ体質になる確率は80%。片方の親がワキガの場合は50%です。両親ともに体から強い臭いがする、服が黄ばみやすいなどの特徴があれば、子どももワキガ体質になってしまう可能性が高いです。

耳垢チェック

耳垢をチェックすることによって、ワキガ体質かどうかを見極めることもできます。
通常の耳垢は乾燥していますが、ワキガ体質の人は耳の中にもアポクリン腺が発達していることが多く、汗腺から分泌される皮脂や汗で耳垢が湿る特徴があります。
また、アポクリン腺は毛根と結びついて存在しているため、鼓膜まで続く外耳道に毛が多く生えている場合はそのぶんアポクリン腺が多いと判断できるでしょう。

外耳道に毛が多く、お風呂に入ったあとでもないのに耳垢が湿っている場合はワキガ体質の可能性が高いです。
お風呂に入ったわけではないのに耳垢が湿っているという人は、高い確率でワキガであるといえます。

臭いチェック

自分の体から、どんな臭いがするか確認してください。ワキガ独特の臭いは、度々以下のような臭いに例えられます。
・鉛筆のような臭い
・グレープフルーツのような酸っぱい臭い
・カレーのようなスパイシーな臭い
・納豆のような発酵した臭い
これらに該当する場合は、ワキガ体質かもしれません。
一番簡単な方法としては、一日着た服の襟元やわきの部分を嗅いでみること。汗臭さというよりも、上記のような刺激臭がしたらワキガの症状が出ている証拠です。

洋服の黄ばみチェック

ワキガ体質の人は、汗をかくと洋服が黄ばみやすい傾向があります。何故なら、アポクリン腺からは臭いの元となる皮脂やアンモニアなどの成分に加えて、色素成分であるリポフスチンも分泌するからです。この色素が洋服の黄ばみとなってしまいます。とくに、汗腺の多いわきの部分が黄ばみやすく、黄ばみも濃い場合は、ワキガ体質である可能性が高いです。

ワキガは人にうつってしまうのか?気になる事実についてはこちら

【軽度の方向け】ワキガ体質の改善方法

ワキガ体質のチェックはいかがでしたでしょうか。臭いがそれほど強くなく、洋服の黄ばみもあまりない場合は、以下の方法で改善できる可能性があります。早速実践してみましょう。

わき毛の処理

まずは、わき毛の処理をこまめに行うようにしてください。わき毛がたくさん生えているとそこが雑菌の温床になります。臭いが気になるのであればしっかりわき毛を処理し、すべすべのわきを保ちましょう。
ひとつだけ注意したいのは、毛抜きを使ったムダ毛の処理。毛抜きを使って抜くとアポクリン腺が刺激されて、ワキガの臭いがよりひどくなるのです。根元からしっかり処理したい気持ちはわかりますが、絶対にやらないようにしましょう。

また、自己処理は定期的に肌へのダメージを与えることになり、誤って傷つけることもあるので、医療脱毛できれいに処理してもらうのがおすすめです。

デオドラント用品

こまめにデオドラントアイテムを使うというのもマスト事項。抗菌効果や消臭効果のある物を使えば、長時間臭わない体づくりをすることができます。シートタイプのものが使い勝手が良くおすすめです。

食べ物

ワキガを発症している人は食生活にも気を配ってください。皮脂を生成させるような脂っこい食べ物は控えましょう。食べすぎればアポクリン腺から出る汗の質が悪化し、臭いをきつくしてしまいます。おすすめは和食中心の生活です。基本的に油を多く使う料理がないので、体内に取り込まれる脂質量が減り皮脂の分泌を抑えられます。

また、胃腸に負担をかけないよう腸内環境を良くするというのも、食生活で気をつけたいポイントです。食物繊維は腸のぜん動運動を促し脂質を洗い流す役割があります。臭いの原因となりやすい悪玉菌を減らすことにつながるので、臭い対策として有効です。
慢性的な便秘に陥っている人は、便秘の改善ついでにワキガの臭い改善もできます。

入浴方法

ワキガ体質に悩んでいる人は毎日きちんと入浴するというのも、改善方法のひとつです。湯船に浸かることで新陳代謝が上がり、体がしっかり汗をかけるようになります。汗腺が活発になることで、臭いの元となる皮脂や老廃物を排出することができるので、臭いの強さを抑えられるでしょう。

面倒だからといってシャワーだけで済ませている人は、体質改善のために入浴する習慣をつけてください。また、入浴する際に消臭効果や殺菌効果、発汗作用のある入浴剤を使うと効果を上げられます。ミョウバンやクエン酸、重層をお風呂に入れても体の臭い対策になります。

【重度の方向け】根本的な治療を検討しよう

重度のワキガ体質の症状が出ている場合、上記で紹介したような対策だけでは不十分です。根本的な治療を病院で受けなければなりません。最近はレーザー治療が主流になっているので、皮膚を切ることなくワキガ体質を治すことができるでしょう。

重度のワキガ体質の人は、過去にワキガ体質と診断された人や強い臭いが原因で生活に支障が出ている人と考えてください。また、着ている洋服のわきや首周りがどんどん黄ばんでしまい、洗濯しても色や臭いが落ちないという人も重度といっていいでしょう。
心当たりのある人は医療機関での治療を検討してみてください。

美容外科・皮膚科で受けられる治療

ワキガ体質の治療は基本的に美容外科や皮膚科で受けられます。病院によって取り扱っている治療方法の種類も異なってくるので、しっかり調べてから治療に臨むのがおすすめです。ワキガ治療の代表的なものをいくつかご紹介しましょう。

レーザー治療

近年主流化してきているのがレーザー治療です。ワキガの原因となるアポクリン腺をレーザーによって焼き切るという方法。アポクリン腺が無くなればワキガの臭いもきれいさっぱりなくなります。皮膚を切ることがないので手術跡も残りません。

マイクロ波・高周波治療

マイクロ波や高周波を使ってワキガの治療をする方法もあります。こちらは、低・高周波を照射して、アポクリン腺を破壊します。皮膚を切らずに行うので、レーザー治療同様に手術跡はなく、ダウンタイム(術後から回復までの時間)も少ないです。

剪除法(せんじょほう)

剪除法はわきのシワにあわせて数センチ皮膚をカットし、目視でアポクリン腺を除去していく手術です。皮膚をカットするような治療ですが、シワに合わせて切るので手術跡は目立ちにくいです。

皮下組織吸引法

わきの下を1.5cmほどカットして、そこから専用の器具を入れてアポクリン腺を吸引してくという手術方法。 ただ、目できちんと汗腺を確認して除去するわけではないので、除去対象の汗腺が残ってしまう可能性もあります。

超音波吸引法

脂肪吸引などをするカニューレという器具と、超音波を組み合わせたワキガの手術方法です。わきを数ミリ切開します。
数ミリしか切開しないため、原因となる汗腺をすべて除去するのは難しいですが、そのぶん傷口は小さく済むので目立たず負担も少ないでしょう。

保険治療する場合の注意点

保険適用内で手術をする場合、ます皮膚科でワキガ体質であるという診断を受けなければなりません。美容外科だと保険治療不可の場合が多いので注意しましょう。保険適用されるかどうかは治療の種類によるので、しっかり確認してから手術を受けるようにしてください。

まとめ

程度にもよりますが、ワキガ体質であることはストレスという人が大多数でしょう。できるだけ早く医療機関を受診して、ワキガ治療の相談をしてみてください。お医者さんに自分の症状をカウンセリングしてもらうだけでもかなり心が軽くなります。もし手術を受ける場合は、ダウンタイムに注意しながらスケジューリングするようにしてください。

こちらの記事でワキガに関する総合的な情報を紹介しています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体臭を見える化!ニオイの悩みを解消する体臭測定キットodorate(オドレート)

当サイト「体臭ラボ」を運営するオドレート株式会社は、世の中の体臭の悩みを解消すべく埼玉県の理化学研究所敷地内で体臭に関する研究開発を行っています。

この度、以下のような不安を解消する「体臭測定キットodorate(オドレート)」を開発しましたので是非ご活用下さい。

【体臭の客観的な評価がわからない】
・周りから臭いと思われていないか?
・周囲がどう感じているか知りたい。
・何か対策した方がいいのか?

【効果的なケア方法がわからない】
・体臭が気になるが、何をすればいいかわからない。
・今使っているケア製品は効果があるのか?
・自分の体臭に合うケア方法が知りたい。


odorateについて

 

注意事項

記事本文は2018年4月時点の筆者の知見に基づき制作されており、最新の見解と異なる可能性があります。