ワキガの発症はいつから?成長や生活習慣による影響

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
衣類のにおいを気にする女性

汗をかくとわきから独特の異臭がしてしまう“ワキガ”。そもそも、ワキガという症状はいつから発症するのでしょうか。自身から放出されるのでなかなか気づけない人も多く、身近な人からの指摘で気づくことも少なくないです。ワキガはある日突然なるものではなく、発症する時期は成長や生活習慣に起因します。今回は、ワキガという体質から発症する時期や原因にスポットライトを当てていきます。ワキガの臭いを軽減できる対策もご紹介しますので、ワキガに悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

当サイトを運営するオドレートが開発しました
▼  ▼  ▼  ▼  ▼


体臭測定キット「odorate」

ワキガとは

まずは、ワキガとは何か理解していきましょう。単純に「わきから汗がたくさん出る」というのはワキガではありません。ワキガ体質の人は、そうでない人と汗腺の発達状態に違いがあります。

一般的な汗は、エクリン腺と呼ばれる汗腺から出るさらさらした汗。ほとんどは水分で無臭です。そのため、汗の量が多くとも、ワキガのような強烈な悪臭につながることはなく、厄介なのは洋服の脇がびしょびしょになるくらいでしょう。

一方ワキガの人は、アポクリン腺と呼ばれる汗腺が発達しています。アポクリン腺から出る汗には、タンパク質や脂質が多く含まれており、ベタつきや黄ばみの原因となる色素の元も含まれています。体内の毒素が汗腺から出ているようなものなので、雑菌が集まりやすいといわれています。
また、悪臭というのは雑菌が集まることで強くなるもの。したがって、アポクリン腺を多く持っているほど、強い臭いが起こりやすいのです。“汗臭さ”というよりも、鉛筆や酸っぱい臭いになるのが特徴です。

ワキガが発症してしまう原因

遺伝による発症

ワキガは優性遺伝子であり、ワキガを発症したほとんどの人が先天性。
両親ともにワキガである場合、子どもにワキガが遺伝する確率は80%。両親のどちらかがワキガである場合は、遺伝確率50%といわれています。親がワキガだとかなり高い確率で子供に遺伝することが考えられますが、祖父母など血縁関係にワキガ体質の人がいる場合も遺伝する可能性が高いです。

後天的な場合は生活習慣

遺伝だけでなく、生活習慣の乱れもワキガの臭いを発症させてしまう要因のひとつです。例えば、偏った食生活をしている・ストレスを溜めている・運動不足である。これらは、ワキガ発症のトリガーとなります。血縁関係にワキガ体質の人がいないからといって油断してはいけません、生活習慣の乱れにも十分注意しましょう。

ワキガは人にうつってしまうのか?気になる事実についてはこちら

ワキガの発症時期

思春期・第二次成長期に多い

ワキガ体質が遺伝している場合、多くの人が第二成長期をきっかけに発症します。学年で言うと、小学校高学年~中学生くらい。この時期は、男女ともに身長や神経系の器官、汗腺も発達してくるので同時にワキガも発症し始めます。
しかし、第二次成長期を迎える前に食生活の影響でワキガの症状が出る可能性もあります。もし、自分の子どもの体質がワキガと思われる場合、臭い対策は早いうちから考えておくといいでしょう。

就職後の生活環境

睡眠不足や疲労、食生活の乱れによって後天的なワキガを発症することがあります。特に気を付けたいのが、学生生活が終わり、社会人として就職したあとの生活環境です。ワキガ体質でなくても、腸内環境や汗腺機能の低下などで、ワキガに似た体臭が発生することも。体臭が気になり始めたら生活を見直してください。

ワキガを抑える方法

先天的なワキガの場合

自分がワキガだと自覚した時、どのような対処方法をとればいいのでしょうか。
一番手っ取り早いのはワキガ対策用のクリームを使うことです。臭いを消す成分によって、ワキガ独特の臭いを解消することができます。最近はワキガ用のデオドラント用品も発売されているので、それに頼ってもいいかもしれません。
一時的な対処であれば、制汗スプレーもいいでしょう。デオドラント用品の成分は汗で流れ落ちてしまうので、こまめにわき汗を拭きとって塗り直すと効果を得やすいです。

ワキガの臭いが重症であれば、皮膚科や美容外科での手術も検討してみてください。レーザーを使った皮膚を切らない治療や完全除去する方法など、手術方法はいくつかあるので医師とよく相談のうえ決めましょう。

後天的なワキガの場合

生活習慣の乱れによる後天的なワキガに対しては、自身の食生活や運動量、睡眠時間などを見直して徐々に改善していくといいでしょう。脂質の多い食事は避け、適度な運動や入浴で汗や皮脂を流し、十分な睡眠時間をとるなど、体に負担をかけないことを心掛けてください。

ワキガの治し方についてはこちらの記事で詳しく紹介しています

まとめ

遺伝性の強いワキガは、どうしても成長に合わせて発症しやすいもの。しかし、クリームやデオドラント用品を活用し、食生活に気を付ければ強い臭いは回避できるかもしれません。根本的な解消をしたいのであれば、思い切って手術するのもいいでしょう。自分に一番合ったやり方でワキガを改善できるようにしてください。

こちらの記事でワキガに関する総合的な情報を紹介しています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体臭を見える化!ニオイの悩みを解消する体臭測定キットodorate(オドレート)

当サイト「体臭ラボ」を運営するオドレート株式会社は、世の中の体臭の悩みを解消すべく埼玉県の理化学研究所敷地内で体臭に関する研究開発を行っています。

この度、以下のような不安を解消する「体臭測定キットodorate(オドレート)」を開発しましたので是非ご活用下さい。

【体臭の客観的な評価がわからない】
・周りから臭いと思われていないか?
・周囲がどう感じているか知りたい。
・何か対策した方がいいのか?

【効果的なケア方法がわからない】
・体臭が気になるが、何をすればいいかわからない。
・今使っているケア製品は効果があるのか?
・自分の体臭に合うケア方法が知りたい。


odorateについて

 

注意事項

記事本文は2018年4月時点の筆者の知見に基づき制作されており、最新の見解と異なる可能性があります。