ワキガは保険適用で治療できる!施術方法を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ワキガの臭いを何とかしたい!」と、ワキガ(腋臭症)の治療を考えているものの、ワキガ治療に保険は適用されるのかいまいちよくわからない、という人も多いでしょう。また、臭いは誰かに相談するのは抵抗がある悩みなので、ますます施術までの道のりは遠くなる一方。今回はワキガ治療を検討中の方に、治療方法と保険適用の有無に関してまとめてみました。

ワキガの治療で保険は適用される?

ワキガの手術となると、費用面が気になるので、保険が適用されるのかどうかは最初に見ておきたいポイントです。

結論から言うとワキガ治療には保険が適用されますが、対象となる治療方法はひとつしかありません。
まずは、保険適用外となる施術がほとんどであるなか、唯一保険適用となる「剪除法(せんじょほう)」について、詳しく紹介していきます

剪除法

保険が適用される唯一のワキガ治療が「剪除法」です。美容皮膚科などで受けることができ、数あるワキガ手術のなかでも最も効果が期待できる治療法と言われています。

「剪除法」とは、わきの皮膚を切開して裏返しにし、臭いの元となっているアポクリン腺を目視で直接取り除いていく手術方法です。目で確認しながら汗腺をを取り除いていくため、確実性があり取り残しはほとんどありません。つまり、再発の可能性がかなり低いということです。

メスを入れて切開する施術で気になるのは手術痕の程度ですよね。剪除法の治療技術は日々進歩しており、これまでは4~5センチほどの痕が残っていたところが、現在では2~3センチで済むようになっています。
術後の経過によって左右されるところもあり、個人差もありますが、多くの場合傷跡は、わきのしわに馴染んで気にならなくなることが多いです。

剪除法の治療には注意点もあります。ワキの皮膚を切開する手術のため、術後、普段通りの生活に戻るまでには少し時間を要します(このことを一般的に「ダウンタイム」と呼びます)。

具体的には、患部を1週間ほど固定する必要があるほか、入浴も制限されます。患部を濡らさないように気をつければ、翌日からは軽くシャワーを浴びることもできます。しかし、細菌が入り込むリスクなどを考えると、あまりおすすめはできません。完全な入浴は約1週間が経過してからとなります。

保険適用ではないワキガの治療は?

では、保険適用外の施術にはどのような治療法があるでしょうか。ここでは剪除法以外の施術を見てみましょう。

ミラドライ

わきに電磁波をあてて汗腺を破壊する新しい治療法で、最大の特徴としては、ワキにメスを入れないという点があげられます。切開する必要がない分、治療の痕も残ることはなく、ダウンタイムも少なくて済みます。

シェービング法

カミソリの刃のようなものが付いた特殊な器具で皮膚を小さく切開し、汗腺を取り除いていく治療法です。切る範囲が小さくなる分、ダウンタイムが短くなります。

ボトックス治療

発汗を抑える成分をわきに注射することで、臭いが出るのを抑える治療法です。注射をするだけという手軽さが魅力といえるでしょう。汗が気になる夏場だけはどうにかしたい、といった方にもおすすめできる治療法です。ワキガ治療以外にも多汗症治療としても有効なです。

ワキガを「切らない」で治す。相場や施術方法を紹介

治療は総合的にみてよく考えて決める

治療法にはそれぞれの特長があります。予算や保険適用の有無も大事なポイントではありますが、まずはご自身の症状や治療の目的をよく確認しておきましょう。

そして、安全性や再発の可能性、ダウンタイムの長さや病院の評判なども含めて、総合的な視点から治療法を決めていきましょう。ワキガ治療が初めての方は、まずは一度病院に行き、カウンセリングを受けてみることをおすすめします。

まとめ

ワキガの治療には、唯一の保険適用治療として「剪除法」があるので、重度のワキガ体質の方や確実に汗腺を取り除きたい場合は手術をおすすめします。ダウンタイムが長く、体を動かすことに制限がかかりますが、ワキガの臭いの悩みを解消できるでしょう。
病院やクリニックの施術事例や実績もよく調べ、まずは医師と相談のうえ、自分の体やスケジュールをみて治療を進めましょう。

ワキガの程度は人によって違うの?軽度・重度の目安や測り方を知ろう
レーザー脱毛をすればワキガ臭が減る?汗腺に与える影響とは
ワキガに関する情報はこちらでも多数ご紹介しています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体臭を見える化!ニオイの悩みを解消する体臭測定キットodorate(オドレート)

当サイト「体臭ラボ」を運営するオドレート株式会社は、世の中の体臭の悩みを解消すべく埼玉県の理化学研究所敷地内で体臭に関する研究開発を行っています。

この度、以下のような不安を解消する「体臭測定キットodorate(オドレート)」を開発しましたので是非ご活用下さい。

【体臭の客観的な評価がわからない】
・周りから臭いと思われていないか?
・周囲がどう感じているか知りたい。
・何か対策した方がいいのか?

【効果的なケア方法がわからない】
・体臭が気になるが、何をすればいいかわからない。
・今使っているケア製品は効果があるのか?
・自分の体臭に合うケア方法が知りたい。


odorateについて

 

注意事項

記事本文は2018年4月時点の筆者の知見に基づき制作されており、最新の見解と異なる可能性があります。