ワキガは人にうつる?症状の特徴やメカニズムを徹底解明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
洗濯物のにおいを気にする女性

わきから独特な臭いがしてしまうワキガ。そうでない人にとっては臭いが強いあまり、うつるのでは……と心配する意見もちらほら。また、体臭が強く自分はワキガではないかと疑っている人は、周囲の人に不快な思いをさせていないか心配でしょう。
はたしてワキガは他人にうつってしまうのか。また、ワキガでない人が「うつった」と感じてしまう瞬間はどのような場面なのか、ワキガの正体について迫ります。ワキガ体質の人、そうでない人も気になる問題を解決していきましょう。

ワキガは人にうつらない

理由①遺伝によるものであるため

結論から言うとワキガの症状が人にうつることはありません。そもそも遺伝によって発生するものです。ワキガというのは、アポクリン腺という汗腺(水分以外にもたんぱく質や脂質を分泌)を多く待つことで起こる症状。アポクリン腺から出る汗は、臭いが強く洋服にシミを作りやすいというのが特徴です。

優性遺伝子のため、親がワキガだった場合は子供に継承されることが多く、後天的に発生する可能性は低いでしょう。

理由②汗腺機能は3歳までに決まるため

また、汗腺の機能というのは3歳までの生活環境で決まるといわれています。そのため、3歳以降で汗腺の量が増えてワキガ体質になる、ということはありません。

ワキガ体質でない人が不安を感じてしまう場面

ワキガは本来、人から人へうつるようなものではありませんが、まれに「うつったかも」とワキガでない人が感じるような瞬間があります。それはどのような場面なのでしょうか。
以下のようなシーンで心配することが多いので、チェックしてみましょう。

衣服の貸し借りをした

ワキガでない人がワキガ体質の人から洋服を借りたとき、自分の体から強い臭いが発生している、という感覚になるケースがあります。このような場合は体からワキガの臭いがしているわけではなく、借りた洋服から臭っているだけです。
ワキガ体質の人からすれば、しっかり洗濯した洋服かもしれません。しかし、洗剤の力が弱かったり洗濯方法が適切でなかったりすると、臭いが洋服にしみついたままということがあります。
借りた側は自分の臭いと錯覚してしまいがちですが、うつったわけではないので安心してください。

ワキガ体質の人の衣類と一緒に洗濯した

ワキガ体質の人が着た洋服と一緒に衣服を洗濯した場合、臭いが洋服に移ってしまうことも多々あります。これは家族やパートナーなど、洗濯機を共有している時に起こりがちです。ワキガの臭いがしみついた衣類と一緒に、一定時間同じ空間に洋服を入れていると臭いが付着する原因になってしまいます。家族やパートナーなどワキガ体質の人とそうでない人がいるとわかっている場合は、できるだけタンブラーの中に洗濯物を放置せずすぐ洗濯機を回すようにしたほうがいいでしょう。

体温計を共有している

体温計はわきに差し込んで測りますが、ワキガ体質の人が使ったあと、わきの臭いがそのまま体温計に残っている可能性があります。そのあとワキガでない人が使用したときに、うつったと思われてしまうケースです。
わきは汗腺が発達している部分なので、アポクリン腺も多くあり臭いを発生させやすい部位です。そこへ一定時間当てているので、汗や皮脂が付着してもおかしくはありません。ものによっては防水や丸洗いできるタイプがあるので、使用後の体温計をアルコール消毒や水洗いすることをルール化しておくことをおすすめします。

性行為をした

ワキガ体質の人のなかには、すそワキガといってデリケートゾーンから強い臭いを発する人もいます。すそワキガの人と性行為をすると、その臭いが肌に付着して同じような臭いを発するケースが多いです。とくに陰部から出る分泌液からは、強い臭いが発生しやすいので体質がうつったと錯覚しがち。
分泌物が付着した箇所だけワキガの臭いがしているだけなので、行為後はお互いよく体を洗っておけば臭い残りも気にならなくなるでしょう。

ワキガがうつったと錯覚するシーンをご紹介しましたが、該当するケースはあったでしょうか。
自分自身にワキガの疑いをかけている人で、上記のようなケースを経て臭いの指摘を受けた場合は、本当にワキガかもしれません。また、紹介したケースにいくつか該当し、パートナーや家族に対してワキガの疑いをかけている場合は、ワキガ体質の人が持つ身体的特徴を知れば判別できます。

ワキガ体質の特徴

ワキガかどうかを判別する基準として、体質の特徴を捉えておくと。ワキガ体質の人には、そうでない人には発生しない特徴を持っています。自分は本当にワキガなのか、パートナーや家族はワキガなのか、以下を見ながら体質について理解を深めましょう。

耳垢が湿っている

一番顕著なものは、耳垢が湿っているという特徴。ワキガの人は耳の中にもアポクリン腺が発達しており、べたついた汗を放出させます。その汗によって耳垢が湿ります。お風呂上がりでもないのに耳垢が湿っているという人は、ワキガの可能性が高いです。

汗じみで服が黄ばむ

汗で首回りやわきなどに洋服の汗じみができるという人も、ワキガと思われます。アポクリン腺から出ている汗にはアンモニアが含まれていて、色素を持っています。そのため、汗が洋服に触れると汗染みになるのです。洋服がすぐに黄ばんでしまう、色が濃く洗濯しても落ちにくいなど、心当たりのある人は、ワキガの症状が強いと考えられます。

わきに白い粉が発生

エクリン腺から出る汗は、ほとんどが水分なのでこういった粉は付着しませんが、アポクリン腺の汗はさまざまな分泌物が含まれているので、白い塊となって発生するケースも。制汗剤を使うと粉っぽくなる人もいますが、何もしない状態で白い粉がでた場合はワキガの可能性があります。

臭いを軽減させる洗濯・体表ケア

ワキガ体質の特徴に該当していた場合は、臭いを軽減させる対策をとりましょう。体質ゆえ完全に臭いを抑えることはできませんが、衣類の洗濯や体表ケアで臭いを抑えることは可能です。

こまめな洗濯

ワキガの臭いを抑えられる洗濯方法やケアの仕方をご紹介します。まず洗濯ですが、基本的にはすぐに洗うように心がけてください。服を脱いですぐに洗濯することで、繊維にワキガの臭いが染みこむことを防ぎます。また、タンブラーの中に放置する時間が減るので、他の洗濯物に臭いが移ることも防げるでしょう。家族内にわきが体質の人、そうでない人がいる場合は気にしておきたいところです。

そして、除菌効果や消臭効果の高い洗剤を使います。これだけでもかなりワキガの臭いを消すことができるでしょう。洋服に黄ばみや色素沈着しまった場合は、塩素系の漂白剤を使って付け置き洗いでしっかり汚れを落としましょう。

制汗シートの活用

即効性のある方法だと、ドラッグストアで売っている制汗シートがおすすめです。臭いを抑える成分が含まれているシートなので、汗の量や蒸れが気になってきた時に、サッと拭き取れる優れものです。

汗や皮脂をこまめに拭き取ることによって、臭いを悪化させる雑菌の繁殖を防ぎ、ワキガの臭いを軽減できます。拭き取った後も爽快感が残るので常に携帯したいアイテムですが、シートに含まれる成分によっては肌荒れを起こす可能性もあります。敏感肌や肌荒れがしやすい方は注意してください。低刺激かつ無香料で、殺菌効果の高いものを選ぶのがベターです。

まとめ

ワキガの症状は他人にうつるものではありませんが、衣服の貸し借りや臭い移りで一時的にワキガのような臭いを発生させてしまいます。ワキガの症状が強い人は、常に皮膚のケアや適切な衣類の洗濯などが必要です。ワキガ体質の人、そうでない人も臭いに向き合って適切な対処ができれば、臭い問題も減るでしょう。

こちらの記事でワキガに関する総合的な情報を紹介しています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体臭を見える化!ニオイの悩みを解消する体臭測定キットodorate(オドレート)

当サイト「体臭ラボ」を運営するオドレート株式会社は、世の中の体臭の悩みを解消すべく埼玉県の理化学研究所敷地内で体臭に関する研究開発を行っています。

この度、以下のような不安を解消する「体臭測定キットodorate(オドレート)」を開発しましたので是非ご活用下さい。

【体臭の客観的な評価がわからない】
・周りから臭いと思われていないか?
・周囲がどう感じているか知りたい。
・何か対策した方がいいのか?

【効果的なケア方法がわからない】
・体臭が気になるが、何をすればいいかわからない。
・今使っているケア製品は効果があるのか?
・自分の体臭に合うケア方法が知りたい。


odorateについて

 

注意事項

記事本文は2018年4月時点の筆者の知見に基づき制作されており、最新の見解と異なる可能性があります。