衣服の汗臭を消すには?制汗剤が効かない時に疑うべき衣類の雑菌

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
稼働中の洗濯機

こまめにシャワーを浴びる、制汗剤を使用するなど対策を練っているにも関わらず、汗臭に悩んでいる方、もしかすると衣服に染みついた汗臭が原因かもしれません。
衣類がにおう原因や衣服の汗臭を落とす方法を紹介していきます。

衣類に染み付く汗臭、汗が臭うことが原因なの?

人間にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺という2種類の汗腺があります。
汗の全体量の約99%はエクリン腺からの汗でほぼ無臭す。

ニオイの原因となるのは、アポクリン腺から分泌される汗で、水分以外にもたんぱく質や脂質、体内で分解しきれなかったアンモニアなどを含んでいる場合もあるので雑菌が繁殖し、独特の臭いや刺激臭を発してしまうのです。

なぜ衣服に染み付く汗臭の本当の原因

洗ってもとれない衣服の汗臭の原因は、繊維と繊維の間に皮脂や垢、汚れがしみ込んでしまうからです。

洗濯によって洗いきれなかった汗汚れが残ってしまうと、汗をかいたときに雑菌が繁殖してしまい、ニオイを発生させる原因となってしまいます。

特にポリエステルなどの化学繊維などは、皮脂汚れなどが溜まりやすいため、インナーなどは気を付けたほうがよいでしょう。

ニオイの原因となる雑菌を衣服に残さないようにするためには、上記で記載したように、衣服の汗臭を防ぐには2つの対策方法があります。

    汗臭の原因となる「雑菌」を衣服に残さない
    汗や皮脂の汚れを衣服に残さない

雑菌を衣服に残さないように洗うためには

洗濯機のまわし方と洗剤を工夫することで、雑菌を残さないように洗うことができます。

洗濯機の洗濯槽を洗浄する

洗濯槽の中が汚れていたりカビが生えていると、しっかりと衣服を洗濯することができません。

これは結果的にニオイの原因となる「雑菌」が衣服に残ってしまうことがあります。
市販の洗濯槽の洗剤を用いて、定期的に洗濯槽の中も清潔にすることが大切です。

洗濯機はぎゅうぎゅうに詰めない

洗濯機の機能を十分に発揮するには多くて、洗濯機の7割程度の定量までと言われています。
ぎゅうぎゅうに洗濯物を詰め込んで洗濯機を回しても、十分に衣服の汚れを落とすことができません。
お使いの洗濯機の定量を確認し、衣服を洗濯するように心がけましょう。

重曹をつかう

皮脂は酸性ですが、その汚れに対してアルカリ性の洗剤を用いると中和され、油脂を落としやすくしてくれます。
特に汗をかいた日はアルカリ性の重曹に洗濯物をつけこみ、皮脂汚れを落としやすくするのもおすすめです。

2リットルのぬるま湯に大さじ1~2杯の重曹を溶かし、30分から1時間つけこみ、その後は普通に洗濯機で洗うだけなのでとても簡単です。

酸素系漂白剤でつけ置き洗いする

粉末タイプの酸素系漂白剤でつけ置き洗いをすると皮脂汚れを落とすことができます。襟元はとくに皮脂汚れが残りがちなので、白い服など色落ちが気にならないものであれば、酵素系漂白剤を活用するのも手です。

使い方は、40度くらいのお湯に漂白剤を適量(1.5リットルに大さじ1杯など)溶かし、30分から1時間つけ置き洗いするだけです。
酸素系漂白剤を使うときは安全面を考えて、ゴム手袋の着用をし、目に入らないように気をつけてください。

まとめ

わき汗パットを使用したり、消臭効果のあるデオドラントを使用してもニオイが気になる人は、洗いきれなかった汗や皮脂がニオイの原因の一つになっている可能性があります。

重曹や酸素系漂白剤のつけおき洗いなどを試して、長く着用している服やインナーがあれば繊維に染みこんだ取り切れない汚れもあるため、思い切って捨ててしまうことも必要でしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体臭を見える化!ニオイの悩みを解消する体臭測定キットodorate(オドレート)

当サイト「体臭ラボ」を運営するオドレート株式会社は、世の中の体臭の悩みを解消すべく埼玉県の理化学研究所敷地内で体臭に関する研究開発を行っています。

この度、以下のような不安を解消する「体臭測定キットodorate(オドレート)」を開発しましたので是非ご活用下さい。

【体臭の客観的な評価がわからない】
・周りから臭いと思われていないか?
・周囲がどう感じているか知りたい。
・何か対策した方がいいのか?

【効果的なケア方法がわからない】
・体臭が気になるが、何をすればいいかわからない。
・今使っているケア製品は効果があるのか?
・自分の体臭に合うケア方法が知りたい。


odorateについて

 

注意事項

記事本文は2018年4月時点の筆者の知見に基づき制作されており、最新の見解と異なる可能性があります。