ストレスが体臭を悪化させる?ニオイの原因と改善方法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
悩んでいる女性

今まであまり気にならなかった体臭が、最近強くなってきた気がする……。その体臭、もしかしたらストレスが原因かもしれません。日々の仕事からくるストレスは、体の機能にさまざまな影響を与えます。体の機能の低下のなかでも、特に内臓機能の低下は体内の成分を正しく処理できず悪臭を放つ可能性も。今回はストレスと体臭の関係、改善方法についてもご紹介します。

ストレスで体臭が悪化する原因

ストレスを感じると、自律機能を調整する視床下部やホルモンを分泌する副腎から副腎皮質ホルモンの分泌が活発になります。そのとき活性酸素が発生し、酸化すると過酸化脂質という不純物に変化。
さらに、加齢臭の原因となるパルミトレイン酸という脂肪酸と結びつくと、ノナネールという古い油のような臭いを発する物質が生成され、体臭を悪化させてしまいます。

継続的にストレスを感じていると、副腎皮膚ホルモンが分泌し続けることになるので、結果として体臭を悪化させることにつながってしまうでしょう。とくに加齢臭が気になる働きざかりの40代の方は注意が必要です。

体臭は男性だけでなく女性も要注意!

ストレスからくる体臭は、ミドル脂臭や加齢臭が気になる働き盛りの男性はもちろん、女性も気を付けたいところ。現代では女性も男性と同じような環境で仕事をするようになり、ストレスを溜めやすくなっています。男性も女性もストレスをうまく解消して、体臭を改善する必要があります。

ストレスによる体臭の改善方法

ストレスの発散

日常において、ストレスを感じない生き方をするのは難しいかもしれません。そのため、ストレスを感じたらその都度、解消できるよう自分なりに発散方法を見つけておくといいでしょう。例えば、趣味や飲み会、適度な有酸素運動をすることが挙げられます。自分自身の性格と向き合ってストレスをコントロールできればベストです。

食生活の改善

ストレスを溜めている場合、人によっては暴飲暴食気味になるケースもあります。また、ストレス発散のためにお酒を飲み、つまみとして脂っこいものを食べる傾向にある人も要注意です。心当たりがある場合は、バランスの取れた食事をするよう心がけましょう。

おすすめなのは、きのこや豆類など、食物繊維が豊富な食材を積極的に食べることです。臭いの原因となる腸内の脂質を洗い流す水溶性と、腸のぜん動運動を促し便通を改善する不溶性食物繊維をバランス良く摂取すれば、腸内環境を改善して消化機能への負担も少なく済みます。

きちんと入浴する

シャワーで素早く済ませるのではなく、湯船につかることも重要です。血液の巡りが良くなり、自律神経を整えることができます。皮脂腺から老廃物を出すこともできるので、入浴習慣は非常に重要です。
発汗作用のある成分を含む入浴剤を使用すると、デトックス効果にも期待できます。

十分な睡眠と規則正しい生活

夜更かしをせず、起床時は朝日を浴びられる時間に起床するなど規則正しい生活も重要です。十分な睡眠をとると、ストレスからくる疲れの軽減につながります。少し生活習慣を変えるだけで、ストレスによる体臭は軽減できるでしょう。いきなり生活を正すのではなく、徐々に体を慣らして改善してみてください。

まとめ

ストレスは目に見えないので、知らず知らずのうちに溜まって体臭を強くしている場合があります。自分では臭いが強くなっていくことには気づきにくいですが、1日着ていた洋服や枕カバー、布団のにおいをチェックしてみましょう。もしかしたら、古い油の臭いや刺激臭がするかもしれません。ストレスによる体臭の強さを改善できるように、今回ご紹介した方法を実践してみてはいかがでしょうか。

こちらの記事で体臭に関する総合的な情報を紹介しています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体臭を見える化!ニオイの悩みを解消する体臭測定キットodorate(オドレート)

当サイト「体臭ラボ」を運営するオドレート株式会社は、世の中の体臭の悩みを解消すべく埼玉県の理化学研究所敷地内で体臭に関する研究開発を行っています。

この度、以下のような不安を解消する「体臭測定キットodorate(オドレート)」を開発しましたので是非ご活用下さい。

【体臭の客観的な評価がわからない】
・周りから臭いと思われていないか?
・周囲がどう感じているか知りたい。
・何か対策した方がいいのか?

【効果的なケア方法がわからない】
・体臭が気になるが、何をすればいいかわからない。
・今使っているケア製品は効果があるのか?
・自分の体臭に合うケア方法が知りたい。


odorateについて

 

注意事項

記事本文は2018年4月時点の筆者の知見に基づき制作されており、最新の見解と異なる可能性があります。