肉と体臭の関係性とは?臭いの原因と予防に必要な食品を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
肉料理

体臭と食べ物の関係は深く、食べてから数時間後に影響が出るものがあれば、腸内で腐敗して皮膚から臭いが排出されるなど、さまざまなケースがあります。なかでも肉料理は、体臭を強くさせる可能性がある成分を含むので、体臭が気になる人にとっては食べ過ぎに気を付けたい食材です。なぜ肉を食べることは体臭に影響があるのか、メカニズムや原因、改善方法を詳しくご紹介します。

体臭のメカニズム

体臭というものは皮膚の分泌物が酸化し、揮発することによって臭ってくるものです。そして、臭いの元となる分泌物は、体内から汗腺を通って排出される汗や皮脂。これらは、日々の食事や生活習慣によって量や質が変わり、臭いを引き起こします。また、加齢による代謝や汗腺機能の低下でも臭いが強くなるので、体臭を軽減させるには年齢や体質に応じた対策が必要です。

なかでも食べ物は毎日摂取するので気を付けたいところ。今回は食卓のおかずにもなりやすい“肉”にスポットを当てて、どのような影響があるのかご紹介します。

肉による体臭は周囲からの印象にも影響がある

食事をはじめとする生活習慣は体臭に影響があると考えられるが、具体的に食事が体臭にどう影響するかは知られていない。そこで、赤身肉を食べることが、体臭などの周りからの印象にどう影響する調査結果があります。

実験方法

  • 被験者は17人の男性
  • 彼らを2グループに分け、2週間、片方には肉食メニューを、もう片方には肉ナシメニューを食べさせた。
  • 最終日の24時間は全員に脇パッドを装着させ、はずしてすぐのパッドを嗅ぐことで評価した。
  • ここで1回目の評価を行った
  • その後、両グループに逆のメニューを2週間食べさせ、再度同じ方法で2回目の評価を行った。

※2回評価することで「もともと臭い人だったのではないか?」という批判が出ないようにしてるではないかと推測されます

  • 評価者は30人の女性(全員、ホルモン不妊治療をしていない)
  • 評価基準は4つ:「心地よさ」「魅力」「男らしさ」「臭いの強さ」
  • 評価方法:実際に嗅いでこれらをどう思うかを答えてもらった

実験結果

肉を食べないグループは「体臭の強さ」が低く「心地よさ」「魅力」が高い

出典:https://academic.oup.com/chemse/article/31/8/747/364338

一つの実験結果を挙げましたが、少なからず肉を食べることによって、体臭に対して周囲からの印象に対しても悪影響を与えることがあると言えます。

肉を食べ過ぎると体臭に影響が出る原因

タンパク質と動物性の脂質

肉には、タンパク質や動物性脂質が多く含まれています。この成分が臭いの一因です。

人間の皮脂を発生させる部分のひとつに、皮膚の下にある「アポクリン腺」という汗腺があります。動物性脂質はこのアポクリン腺を刺激しやすく、結果として大量の皮脂を発生させることにつながってしまいます。
また、アポクリン腺にから出る汗にはアンモニアなどの臭いの元となる成分も含まれており皮脂の酸化や皮膚に住む微生物による分解で、不快な臭いに変化するというわけです。

ワキガ体質の人はアポクリン腺が発達しているので、ワキガの自覚がある場合は今以上の体臭を出さないために、日常的な対策をしたほうがいいでしょう。

糖質制限ダイエットによるケトン体

ケトン体とは、炭水化物ではなく脂質からエネルギーを生成する際に作られる副産物です。ツンとした臭いをもつ物質で、体臭も同じ臭いになります。

ケトン体は、肉料理を好んで食べる、糖質制限ダイエットを行っているなど、炭水化物の摂取が少ない人から生成されやすくなります。炭水化物の摂取が減ると、体を動かすエネルギー源が不足。すると、体が脂肪からエネルギーを生成するようになり作る方向に変更、その際アセトン、アセト酢酸などのケトン体が作られます。これらが血中に増えると体臭へと変化します。過度な炭水化物の制限をしていないか見直してみてください。

肝臓機能の低下

さらに、肉を食べ過ぎると肝臓、膵臓への負担が増え内臓の機能が低下することがあります。肝臓によって肉に含まれるタンパク質はアミノ酸に分解されたのち、アンモニアに変化します。このアンモニアは通常は尿中に排出されますが、肝機能が低下していると血中から全て排出されず、汗として出てきて臭いの原因となります。

消化による滞在時間

肝機能が低下していなくても、消化時間によって体臭の強さに影響が出ることがあります。
脂質の消化には約2時間かかるといわれており、胃に食べ物が留まる時間が長いと腐敗が進み、やがて血中に流れ出て体臭となってしまうのです。

体臭対策のための3つの食品と1つの飲料

肉を食べ過ぎると成分を分解する肝機能に負担をかけてしまいますが、適切な量であれば体臭に大きな影響をあたえることはありません。摂取する時の注意や食べ合わせを工夫して、バランスよく食べる方法を考えるための大事な成分と食品例をご紹介します。

梅干しを代表とする「アルカリ性食品」

体液を弱アルカリ性傾向に保つ「アルカリ性食品」を食べることは、体臭予防には必須です。

もともと体液はほぼ中性に保たれていますが、肉を摂取し過ぎたり、前述した糖質制限ダイエットによって発生するケトン体も体内を酸性傾向にします。そののような状態を「アルカリ性」の食事を摂取することで中和させる必要があります。

「アルカリ性食品」の代表は梅干しでが、その他にもお酢、納豆、もずく等の海藻等も挙げられます。肉のような酸性食品の摂取により体臭が気になる方は、可能な限り食事にアルカリ性食品を取り入れましょう。

海藻等の「食物繊維」の多い食品

肉料理と同時に、食物繊維の多い食材を摂取するのがおすすめです。食物繊維は腸内環境を整える働きがあるので、悪玉菌を減らしてくれます。水溶性・不溶性のタイプがあるのでバランスよく摂取してください。

水溶性食物繊維は、海藻や果物に含まれており、粘性を持ち腸内のコレステロールに吸着して体外に排出してくれます。不溶性食物繊維は、繊維質の強い野菜や穀類に多く、水を吸収して大きくなり便のかさが増すことで腸のぜん動運動を促します。どちらも便通を良くしてくれますが、不溶性は食べ過ぎると便秘を引き起こす可能性もあるので注意しましょう。

ビタミンCやE等の「抗酸化食品」

皮膚面からの臭いを防ぐためには「抗酸化作用」がある食品を摂取するのが効果的です。レモン等の果物やほうれん草等の緑色野菜から取れるビタミンC、アーモンドなどのナッツ類、ウナギなどの魚介類、大豆、穀類、緑黄色野菜などに多く含まれてるビタミンEがあります。

ご飯やパンを玄米や麦芽入のパンに変更して、ビタミンCの多い野菜や果物と一緒に、定期的にに摂取するのがおすすめです。

「ウーロン茶」等の脂質を吸収を抑制する飲み物

脂肪はエネルギー源として体内に吸収されますが、脂肪が蓄積され続けると肥満気味になってしまいます。肥満気味になると皮脂量が増え、体臭に影響を及ぼしかねません。

脂肪の吸収を抑制するには、ウーロン茶重合ポリフェノールを含む「ウーロン茶」がおすすめです。ウーロン茶重合ポリフェノールは、脂肪の吸収を助けるリパーゼという消化酵素の働きを抑制し、脂肪分を便として体外に排出してくれます。飲料だけで脂質摂取のリスクをすべて取り去ることはできませんが、脂質吸収を抑える一助にはなるでしょう。焼肉やステーキなどと一緒にアルコールドリンクをよく飲んでいる人は、次回からウーロン茶に変えてみてはいかがでしょうか。

まとめ

数ある食材のなかから“肉”に焦点を当てて、体臭との関係をご紹介しました。臭いの原因のひとつではありますが、一番の対策は肉に偏ることなくバランスの良い食生活を心がけることです。肉を食べ過ぎた、と思ったらしばらくは野菜中心の食生活に変更したり、飲み物をお茶類に変えたり、小さなことですができることから始めてみてください。

こちらの記事で体臭に関する総合的な情報を紹介しています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体臭を見える化!ニオイの悩みを解消する体臭測定キットodorate(オドレート)

当サイト「体臭ラボ」を運営するオドレート株式会社は、世の中の体臭の悩みを解消すべく埼玉県の理化学研究所敷地内で体臭に関する研究開発を行っています。

この度、以下のような不安を解消する「体臭測定キットodorate(オドレート)」を開発しましたので是非ご活用下さい。

【体臭の客観的な評価がわからない】
・周りから臭いと思われていないか?
・周囲がどう感じているか知りたい。
・何か対策した方がいいのか?

【効果的なケア方法がわからない】
・体臭が気になるが、何をすればいいかわからない。
・今使っているケア製品は効果があるのか?
・自分の体臭に合うケア方法が知りたい。


odorateについて

 

注意事項

記事本文は2018年4月時点の筆者の知見に基づき制作されており、最新の見解と異なる可能性があります。