体臭と食べ物の関係とは。においの原因・改善できる食事法も紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分ではなかなか気づきにくい体臭。「スメルハラスメント」という言葉も徐々に浸透し、職場やプライベートにおいて体臭を気にする人も多くなってきたのではないでしょうか。また、年齢に応じて体質が変化していくと体臭が発生する部位も広範囲になるため、体臭対策はもはや避けては通れない道でしょう。

体臭の発生は止められませんが、臭いの強さを食事から抑えることは可能です。食べ物が体臭に影響を与えるメカニズムや体臭の原因になりやすい食べ物や臭いを改善できる食事についてご紹介します。

体臭と食べ物の関係

体臭の強さは、元々の体質にも左右されますが、日々の食生活も大きく影響します。

人間の体には、エクリン線とアポクリン腺の2つがあります。一般的な汗はエクリン腺から排出され、ほぼ水分で無臭です。しかし、もう片方のアポクリン腺から出る汗は、水分以外にもタンパク質や脂質を含んでおり、ベタベタしています。

後者の汗は日々の食事が反映されやすく、皮脂と一緒に余分な脂質や分解しきれなかったアンモニアが含まれます。そして、食生活が乱れることで腸内環境が悪化し、消化機能も低下。腸内で分解できなかったものがやがて血中に流れ込み、体臭へと変わってしまうのです。体臭を軽減させたいのであれば、日々の食事内容を考えることが大切です。

体臭の原因になりやすい食べ物

できるだけ体臭を防ぐために、食べ物に気を使っていきましょう。普段何気なく口にしているものでも、実は体臭の原因になってしまうような食べ物もあるので注意が必要です。

脂質の多い肉やジャンクフード

食卓のメイン料理として登場しやすい肉は、体臭を強くする食べ物のひとつです。食べ過ぎると、脂質が体の中に蓄積されて皮脂の分泌が活発になります。アポクリン腺からたくさん皮脂が出ると雑菌の繁殖も起こりやすくなり、体臭がどんどんひどくなってしまうのです。

また、動物性たんぱく質が腸内で分解される際にアンモニアが発生します。通常は肝臓によって解毒されますが、摂りすぎると解毒が追い付かずアンモニアが血中に流れでて体臭を悪化させます。毎日のように肉を食べているという人は、少し控えたほうがいいでしょう。

そして、肉料理と同じく、高カロリーで脂質の多いジャンクフードをよく食べる人も要注意。頻繁に食べると皮脂量を増やしてしまうので、体臭の悪化につながりやすいでしょう。フライドポテトやハンバーガーを好んで食べている人は、食べる回数や量を減らし、野菜や脂質の少ない料理を食べるようにしてください。

独特なニオイ成分をもつにんにく

にんにくも体臭の原因になるので、過度な摂取は控えるようにしましょう。にんにくにはアリインという成分が含まれているのですが、調理過程で組織が壊れて空気に触れると、アリシンという独特のにおいを持つ成分に変化。

一度体内に入ったアリシンは、血液に乗って全身を巡り毛穴からその臭いを放出させます。体外から完全に排出されるまでおよそ48時間。にんにくを食べた後は口臭を気にしがちですが、しばらくは体からにんにくの臭いがし続けてしまいます。

アブラナ科の野菜

一見体臭とは無縁に見えるブロッコリーやカリフラワー、キャベツ、カブといった野菜も原因になってしまいます。これらは、硫黄混合物が含まれている野菜で、たくさん食べてしまうと体から強い臭いを発します。にんにくと違って半日以上体から臭い続けるということはありませんが、6時間程度体臭が持続するので、食べるタイミングには注意が必要です。

健康のために野菜をたっぷり食べておきたい、という人もいると思われますが、体臭改善を考えている場合は、アブラナ科の野菜は食べ過ぎないようにするのがベターでしょう。

皮脂線を刺激する辛い食べ物

汗をかきながら激辛料理を食べるのが好き、という人もいるでしょう。しかし、辛すぎる食べ物も体臭の原因になります。汗をかくと皮脂の分泌が活発になるので、どうしてもアポクリン腺から嫌な臭いが出やすいです。辛いものを食べる頻度は、ほどほどにしておきましょう。

添加物を含むコンビニ弁当や加工食品など

保存料、着色料、甘味料、香料などあらゆる食品に使用されている添加物も、体臭につながる原因のひとつです。安全性を考慮されたものですが、化学合成物質のため体にとっては有害なものであり、解毒する際に活性酸素が発生して体臭につながるといわれています。
とくに保存料や着色料などが入ったコンビニ弁当は、一回分の食事として一度に多くの添加物を摂取しやすいので、コンビニ弁当を食べる習慣が付いている人は要注意です。また、添加物を含む加工食品やお菓子類も食べすぎないようにしましょう。

乳糖の蓄積を招く乳製品

健康のことを考えて、牛乳やヨーグルトなど乳製品を好んで食べる人も少なくないでしょう。体の中の善玉菌を増やしたり、腸の働きを活発したりメリットのある食品ですが、これもたくさん食べ続けていると体臭の悪化につながります。

乳製品を摂取しすぎると乳糖の分解が追いつかず、体に蓄積されます。その結果、余った乳糖が腐敗して腸内環境の悪化を招き、体臭を強くしてしまうことになりかねません。
また、日本人は乳糖不耐性の人が多く、乳製品を消化する酵素が少ないため消化不良に陥りやすいです。乳製品を食べ過ぎていなくても、乳糖不耐性の人は少量の乳製品を食べただけで消化不良を起こし、体調や体臭を悪化させてしまいます。

脂質・糖分の多いお菓子やスイーツ

体臭を気にしているのであれば、スイーツやお菓子類も食べ過ぎないように気をつけてください。甘いものには糖分や脂質が多く、食べ過ぎると体の皮脂が増加してしまいます。

皮膚ガスを発生させるアルコール

お酒が好きな人も体臭がひどくなりやすいので、アルコールの摂取はほどほどにしましょう。アルコールを分解するときに出るアセトアルデヒドという成分が臭いの元となり、皮膚から発生させるガスを増やし体臭を悪化させます。

油分を含むコーヒー

カフェやコンビニなどで、手軽に購入できるコーヒー。毎日のように飲んでいるという人は特に気にしておきたいところです。コーヒーには油分があるため、飲み過ぎはアポクリン腺の汗に含まれやすい皮脂の増加を助長します。また、カフェインの酸化作用で皮膚が酸化し体臭に影響がでてしまうでしょう。

体臭を防ぐ食べ物とレシピ

緑黄色野菜

体臭を防ぐためには、緑黄色野菜を食べるのがおすすめです。主に、にんじん、トマト、カボチャ、ピーマンなどです。

体臭は分泌された汗、タンパク質や脂質などの皮脂が酸化・分解したために発生するものです。緑黄色野菜にはポリフェノールやビタミンC、ビタミンEなど、酸化を防ぐ成分が豊富に含まれているので、体臭対策に有効といえます。

おすすめの食べ方

カットしてサラダとしてそのまま食べてもよし、大量にスープとして作って数日にかけて食べるもよし。また、食後のデザートとして、りんごやぶどう、バナナを食べるようにするとベター。野菜と果物を組み合わせてミキサーにかければ、ジュースにして飲めます。レシピを工夫して、おいしく食べられるようにしましょう。

食物繊維の多い食べ物

腸内の環境を整えるためには、食物繊維が豊富なものを食べるようにしましょう。
食物繊維の種類は水溶性と不溶性の2つがあり、どちらもバランスよく摂取するのがポイント。水溶性食物繊維は、こんにゃくや海藻類に多く含まれており腸内の脂質を洗い流してくれます。不溶性食物繊維は、豆類や穀類に多く含まれ、便のかさ増しをすることで腸内のぜん動運動を刺激し排便をサポートします。

どちらも悪玉菌を減らす働きがあるので、腸内環境を改善し、体臭に影響がでてしまう毒素を排出してくれるでしょう。体臭を悪化させる食べ物を極力避けながら、体臭の軽減につながる食べ物をメインにした食事を心がけてください。

まとめ

体の臭いをひどくする食事を続けていると、ミドル脂臭や加齢臭特有の臭いを増長させてしまいます。また、ワキガ体質の人は症状をひどくしてしまうこともあるので、食生活の改善は必須です。わきに限らず、デリケートゾーンや頭皮、足など体臭が発生する部分は多いので、普段からバランスの良い食事を心がけましょう。日々の積み重ねが体臭の悩みを徐々に解決してくれます。

こちらの記事で体臭に関する総合的な情報を紹介しています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体臭を見える化!ニオイの悩みを解消する体臭測定キットodorate(オドレート)

当サイト「体臭ラボ」を運営するオドレート株式会社は、世の中の体臭の悩みを解消すべく埼玉県の理化学研究所敷地内で体臭に関する研究開発を行っています。

この度、以下のような不安を解消する「体臭測定キットodorate(オドレート)」を開発しましたので是非ご活用下さい。

【体臭の客観的な評価がわからない】
・周りから臭いと思われていないか?
・周囲がどう感じているか知りたい。
・何か対策した方がいいのか?

【効果的なケア方法がわからない】
・体臭が気になるが、何をすればいいかわからない。
・今使っているケア製品は効果があるのか?
・自分の体臭に合うケア方法が知りたい。


odorateについて

 

注意事項

記事本文は2018年4月時点の筆者の知見に基づき制作されており、最新の見解と異なる可能性があります。