その体臭・口臭、病気の兆候かも? 原因と対策を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体臭というと、汗の臭いやワキガを思い浮かべることが多いですが、実は体の中の病気が原因で体臭が発生することもあります。この記事では、体臭・口臭と病気の関係性について説明します。体臭への対策についてもご紹介しているので、健康管理にぜひお役立てください。

体臭と病気の関係

体の臭いというと、ワキガや加齢臭を思い浮かべることが多いのではないでしょうか。
これらの臭いは、汗腺から分泌された汗や皮脂が体の表面で雑菌によって分解されることで発生します。
そのため、臭いの対策も、汗を拭き取って皮膚を清潔にすることや、制汗スプレーなどのデオドラント製品を使うことが中心になります。
しかし、体の内部の病気によって体臭が発生することがあります。

気になる体臭の外来は?まずは部位や発生原因を知ろう
焦げ臭い体臭は心臓と小腸が弱っているサイン

病気になって、身体が不調になると同時に、健康なときにはなかった臭いも出てくるのです。
では、体臭の原因となる病気にはどのようなものがあるのでしょうか。

体臭がキツくなったときに疑われる病気①胃腸障害

身体から発生する臭いの中でも特に気を遣うのは口臭ではないでしょうか。
口臭の原因は、食事のあとで口の中に残った食べカスや歯垢です。
しかし、内臓に不調があると、体内に発生したガスが食道を通って口から臭うことがあります。
口臭がするときは、歯磨きをしたりマウスウォッシュをしたりして臭いを抑えようとしますが、原因が内臓にある場合はそれでは不十分だということになります。

もし口臭が酸っぱかったり腐敗臭がするのであれば、胃腸の病気が考えられます。
酸っぱい口臭は、胃酸の匂いです。また腐敗臭は、胃の働きが悪い場合、食べたものが十分に消化されずに胃の中に留まることで発生します。
胃のあたりがムカムカして、ゲップが臭うような場合は要注意と言えます。

ちなみに腐敗臭は、胃腸障害でのみ発生するとは限りません。歯周病や慢性副鼻腔炎(ちくのう症)を患っている場合にも起こりやすいので、もし気になるようでしたら、歯科医またはかかりつけ医にご相談ください。

体臭がキツくなったときに疑われる病気②糖尿病

糖尿病と匂いの関係

もし、トイレで尿をしたあとや、汗をかいたときに甘酸っぱい匂いがしてくるのであれば、それは糖尿病かもしれません。

糖質は本来、摂取するとブドウ糖へと変化します。そしてブドウ糖は細胞に取り込まれ、体の活動のエネルギーとなります。しかし、エネルギー変換のためのインスリンがうまく分泌されないと、ブドウ糖は体内に取り込まれずにエネルギー不足となり、糖尿病を発症します。

糖尿病になると、エネルギーを補うため、肝臓が脂肪酸を作り出します。この脂肪酸が作り出すエネルギー源を「ケトン体」というのですが、このケトン体が、甘酸っぱい匂いを発するのです。ケトン体が多くなればなるほど、汗に混じって匂いがどんどん体外へ放出されていきます。

糖尿病対策には有酸素運動

このように、糖尿病の原因は、ブドウ糖が正常に細胞に吸収されないことです。
もし、体臭が甘い臭いになって、健康診断の値もよくないようなら、病院を受診して医師の診断を受けてください。
糖尿病だった場合は、医師の指導のもとに、食事を管理したり薬を飲んだりして血糖値をコントロールすることが必要になります。
また、ウォーキングなどの有酸素運動を日課にすれば、筋肉への血流が増え、ブドウ糖も細胞に取り込まれるようになります。血糖値が改善されれば、それに伴って糖尿病も改善されていくことが期待できます。

その他の体臭に潜む病気

そのほかにも、腎臓の機能に問題があると、有害物質であるアンモニアが尿としてうまく排出されず、体臭がアンモニア臭くなることがあります。
肝臓が病気になったときも、身体からアンモニア臭や脂臭がすることがあります。
また、便秘がひどいときは、便の臭いが血液に混じって体臭として発散されてしまうことも。

まとめ

体臭と病気の関係についてご紹介してきましたが、いかがでしたか。
体臭は、身体の中で起きていることを知らせてくれるサインでもあります。
ここでご紹介したのは一例ですので、あくまでも目安としてお考えください。体臭の異常を感じても、適切に対処すれば、健康管理につなげることができます。
もし体臭に思い当たることがあり、不安に思うときは、ぜひ早めに医療機関を受診しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体臭を見える化!ニオイの悩みを解消する体臭測定キットodorate(オドレート)

当サイト「体臭ラボ」を運営するオドレート株式会社は、世の中の体臭の悩みを解消すべく埼玉県の理化学研究所敷地内で体臭に関する研究開発を行っています。

この度、以下のような不安を解消する「体臭測定キットodorate(オドレート)」を開発しましたので是非ご活用下さい。

【体臭の客観的な評価がわからない】
・周りから臭いと思われていないか?
・周囲がどう感じているか知りたい。
・何か対策した方がいいのか?

【効果的なケア方法がわからない】
・体臭が気になるが、何をすればいいかわからない。
・今使っているケア製品は効果があるのか?
・自分の体臭に合うケア方法が知りたい。


odorateについて

 

注意事項

記事本文は2018年4月時点の筆者の知見に基づき制作されており、最新の見解と異なる可能性があります。